PLAY to be happy

遊びを子どもの学力アップに繋げる工夫が趣味の1つなママブログ。主に、絵本、恐竜、英語力、学習法、通信教育、食事、たまにレジャーを綴ってます。

【食育】ちょっとした一工夫で興味を持たせよう!野菜好きにする食事術!

f:id:mifumim:20190901170835j:plain
爪楊枝をアレンジして、野菜に興味を持たせることで、野菜嫌い克服の近道になります!

 

お子さんの野菜嫌いを克服したいな~と思いませんか?

年中息子は、最近お肉のほうが良い、ご飯(お米)のほうがいい、と言い以前より野菜を食べる意欲が減っているのが気がかり。

 

野菜をたっぷり食べることはメリットばかりなので、積極的に食べて欲しいですよね。 

そして、子どもの時だけでなく、子どもの頃から大人になるまでずっと野菜をきちんと食べる習慣を作り、現在も将来も含んだ健康を守ってあげたいです。

 

野菜を食べるメリットは、食物繊維が豊富なことがあげられます。

食物繊維は腸内細菌の餌になるので、たくさん食べてほしいですよね。

 

視覚から楽しくカラフルに

ということで、我が家では 

  • 好みのマスキングテープ
  • 爪楊枝

を準備して、

f:id:mifumim:20190901170855j:plain

こんな感じに爪楊枝をアレンジしました。

子どもが好きそうですよね。

私は子どもの頃、お子様ランチに立っている旗がとっても好きでした。

 

このアレンジした爪楊枝を野菜にさして、食べやすくして、興味を持たせ、子どもが自ら進んで野菜を食べるように工夫しています。

 

  • マスキングテープでフラッグを作る
  • マスキングテープで好みの形にカットする
  • 好きなキャラクターのマスキングテープを使う

という、工夫ができますよ。 

 

自分で選択させる

そして、アレンジした爪楊枝のなかから、どの爪楊枝を使うか、子ども自身にチョイスさせるのも良いと思います。

親に言われて食べるより、自分で選んだものを食べる方が進んで食べたくなるものですよね。

選択を自由にさせて、自分で食べるという意欲を掻き立ててあげられるといいですね。

 

 

味の感じ方も人それぞれ。

味覚も好みも違って当然なので、好みの野菜からスタートしていくことも良いのではないかと思います。

 

ちなみに我が家は、

娘はすっぱいもの、ネバネバが大の苦手なのに対し、息子はだ~い好き。

娘はきのこ類は好みだけど、息子は苦手。

というように好みがあるので、臨機応変に食事を出しています。

最初は大変だったけど、慣れると普通になりました。

 

*** 

野菜を食べることは大切!ですので、お好みのアレンジを試していただき、お子さんの野菜好きのステップになれば嬉しいです。

 

野菜を食べて、腸内環境が良くし、健康を守ってあげられると良いですね。

 

 

 

様々な柄のマスキングテープ

 ディズニー柄♡