スマート子育て

遊びながら、子どもの学びにつなげよう!フリーの管理栄養士の教育&子育てブログ

【実体験】理論的思考を鍛える『RISUきっず』タブレット算数教材

f:id:mifumim:20210225141841j:plain
算数に特化した教材『RISU』についての実体験を綴ります。

 

習い事どうしよう?

何を学ばせたらいいの?

 

そんなふうに悩んでいませんか?

そんな悩みを抱えるのは、大切な子どものことを考える親心からですよね。

 

私は中学生と年長の子どもがいます。

実は、現在中学生の娘は数学が苦手で、それが影響で理科や技術家庭科の授業、テスト、内申が思うように伸びず、受験勉強に苦労しました。

 

そこから、

算数は超大切!

苦手になってから学んでも遅い!

ということを、親子で体験。

 

娘の苦い体験から、年長息子には算数を苦手にさせたくない!と思うようになりました。

 

そこで利用したのが、タブレット教材『RISU』。その『RISU』についてご紹介します!

『RISU』って何なの?

算数に特化したタブレット教材です。

東大生などの有名大学の学生が、動画を使って問題の解き方を解説しながら、問題を解いて学習を進めていくスタイルです。

 

めっちゃわかりやすい動画のついている、カラー問題集のタブレット版というような感じです。

解説動画が学習のスピードに合わせて配信されるので、まだ習っていない問題も解くことができ、先取学習もできます。

 

1番気になる料金

教材選びに1番気になる料金はこちら。

  • 基本料金は月当り税別2,500円
  • タブレット費用は無料
  • 年間一括払い(2,500円×12か月分)
  • 解約後も使える
  • 解約はいつでも手数料なし
  • ハイペースで学習の場合、月々の追加料金あり

 

タブレット学習はタブレット代金がかかる場合が多いですが、タブレット費用は無料です。年間一括ですが、解約後もタブレットはずっと続けられるというので、良心的です。

 

さらに気になる学習内容

1ステージに75~100の問題があり、いくつかのステージに分かれているので、ひとりひとりのペースで学ぶことができます。

 

■RISUきっず ⇒ 12ステージ

■RISU算数 ⇒ 94ステージ

 

別途料金がかかりますが、ハイペースでドンドン先取り学習をしていくことも可能なようです。

 

『RISU』を使うきっかけ

4月から小学生の息子。ある日こんなことを言いました。

 

「小学生になったらどんな勉強をするのかなって心配…」

 

ポロっと本音が出たようです。

 

実は、私は小学校高学年になるまで、

勉強よりも好きなことに熱中してほしい!

いっぱい遊んでほしい!

と思っていました。

 

子どもが心配だと感じているなんて思ってもいなかったので、正直びっくり。

 

そこで出会ったのが、算数に特化した教材『RISU』。

 

少しでも、子どもの不安を取り除いてあげられるなら…と思い、『RISU』を使ってみました。

 

『RISU』を使った幼児の反応

f:id:mifumim:20210225142559j:plain
完結に言います。

算数、めっちゃ楽しんでます。

 

息子と私の実際のやりとりですが、

 

私⇒「今日は問題、何個やる?」

年長息子⇒「100!」

(そんなにハマってるの?とびっくり)

 

私⇒「今日、1個はやろうね」(遊びに夢中だったので)

年中息子⇒「え~~!10個はやりたい」

(え~って言われたとき、やりたくないって言われるかと思った)

 

私⇒「今日、RISUやった?」

年長息子⇒「もうやったよ!テスト合格した!」

(親が知らぬ間に、勉強が進んでいた)

 

これ、実話なんです。

書いてて自分でもビビりますが、ウソくさ~って思うんですが、実話です。

 

新しいことができた!

間違えても繰り返すとできるようになった!

テストに合格した!

 

ということが、息子のやる気にメラメラと火をつけてくれているようです。

 

考える力をはぐくむための教材を作っている方々は、やる気になる方法も知っているのかもしれないです。

子どもがやる気になるように、考えられているんでしょうね。

 

先ほども息子と一緒に『RISU』をやっていました。

動画でお兄さん、お姉さんたちが「がんばったね!」って褒めてくれるんです。親が褒めるより、先生が褒めてくれた方が嬉しいみたい。

息子は、「お兄さんたち、頑張ったねって言ってくれて、めっちゃ優しい、イイ人だよ」って言ってました。

私が頑張ったねって言っても、「ママってイイ人」とは言われません(笑)

 

子どもが成長する過程で、第三者って大切なんでしょうね。

 

親目線で『RISU』を見る

私が教材を選ぶときに疑問に思ったことを、自分に質問し、答えてみました。

ただのイチ意見ですが、参考になるものがあればうれしいです。

 

■効果あるの?

効果を感じるのは数年後じゃないでしょうか。やってみて1か月で効果を感じずやめた~なんてことは、効果が出る前にチャンスを逃すのと同じ。

どんな勉強も積み重ねが大切なので、続けていくために、負担をかけさせないことが重要だと思います。

 

私は専門職なので、日々の勉強の積み重ねが大切です。学生時のとある講義は重要性を全く感じなかったのに、現在は必要性を理解できなかった勉強内容が仕事にとって不可欠です。

そんなものですよね~

 

■勉強、続くの?

続けるためには

・子どもに無理をさせない

・続いていることを褒める

が大切だと思います。

 

その点、『RISU』は1つ1つの問題が短時間で終わるので、子どものやる気が乏しいときは「1つだけはやろうね!」ってことにしておいて数分で終わらせてます。

 

息子が嫌そうにしていた時に、1個だけやればいいよ~って伝えたら、「5個もやっちゃった、知らない間にやってた」と息子が言いました。勉強が嫌なんじゃなくて、勉強に取り掛かることが嫌なのかもしれないです。

 

我が家では、『RISU』専用カレンダーを作り、『RISU』で勉強した日は大好きなポケモンスタンプを押そう!ってことにしてます。

チェック作業は、習慣化させるときにオススメです。

 

■親の手間ってどう?

全然手間がかからない~って思います。

我が家では、息子が勝手に進めちゃっているので、正直に言うと、めっちゃ楽。個人差はあると思います。

 

面白くてハマってしまったようで、勉強を始めて1か月も経たないうちに、キッズコースのステージをクリアしてしまったので、小学生コースに進んでいました。そんなに楽しかったみたいです。 

 

このブログを見て下さった方だけに紹介!

『RISU』では、1週間お試しキャンペーンをやってます。

お試しキャンペーンの内容は、お試しコースやお試し問題ではなく、契約した方と同じ内容を体験することができます。

 

お試し後も続ける場合は費用は掛かりませんが、お試しのみで返品する場合は、1980円(税別)がかかります。

算数は学習を積み重ねていくものなので、続けることが大切です。ですが、もし返品する場合でも、我が子の経験値が1980円(税別)で変わるかもしれないですよね。

 

算数に興味を持つかもしれない

学ぶことが好きになるかもしれない

知識がつくことに喜びを感じるかもしれない

 

というような変化の可能性がある!と思ったら、安いな~て思っちゃうのは、私だけでしょうか。

 

何もしなければ未来は変わりませんが、1980円(税抜き)で、未来が変わるかもしれないですもんね。

 

 

大切な子どもの将来のチャンスを失わないための、参考になれば幸いです!

 

RISU算数⇒https://www.risu-japan.com/lp/aeq07a.html

RISUきっず⇒https://www.risu-japan.com/lp/aeq07a-kids.html

「aeq07a」のクーポンコードを入力してくださいね。