PLAY to be happy

遊びを子どもの学力アップに繋げる工夫が趣味の1つなママブログ。主に、絵本、恐竜、英語力(洋画、洋楽、絵本)学習法、+αで子どもの栄養を綴ってます。

運動の苦手意識を克服!トランポリンは、子どもの運動、大人のダイエットにもなってオススメ!

f:id:mifumim:20190106224036j:plain運動って大切なんです。

 

誰だって、そんなことはご存知なのではないでしょうか。

 

運動って子どもの頃からの積み重ねもあるんじゃないかな?と思うこの頃。

 

私は、小中学生の時にバスケットボールの強豪チームにいたので、運動の楽しさはもちろん知っているものの、辛さという気持ちが非常に残っていました。

 

今では三角骨障害もあり、整形外科に通ったり、日々のストレッチやケアを怠らないよう気を付けている日々です。

 

辛い気持ちを子どもさせたくないという思いがあり、現在中学生娘が幼い頃、娘がやりたい!というまで運動は積極的にさせてきませんでした。

 

が!!もともと運動が苦手だったのに、さらにやらなかったので、非常に運動音痴になってしまい…

 

反省しているここ数年…

 

そのため、年少息子には幼いころから体を動かすということを遊びに取り入れるようにしています。

 

運動することで血流が良くなって、頭が働くようになっていいんですね。

 

テレビばっかり見ていて心配だったりしませんか?

 

今の世の中、テレビ、YOU TUBE、ゲーム、DVDなどなど、子どもをじっとさせて遊ぶものが多く、私としてはちょっとな~と思います。

 

でも、私は映画大好きなので、子どもたちの気持ちはとても理解できます。

 

では、どうしたらいいんだろう?と考え、数年前に解決することができました。

 

 

 室内にいては、身体を動かさない…

 

だけど、室内にいても体を動かすことができるし、

 

何もしないより、運動能力を高めるきっかけになる!

 

トランポリン

トランポリン、いいじゃない✨


 

 

  • 我が家では、年少息子がテレビを見ながら飛び跳ねる
  • 食べすぎたから運動しなきゃと言いながら、中学生娘が飛び跳ねる
  • YOU TUBEで音楽を聴きながら私が飛び跳ねる
  • 私と年少息子がコラボレーションする(私の運動中に息子が参加)

 なんて、使い方をしています。

 

トランポリンはランニングと同等くらいの運動になるそうです。

 

運動をするならば、楽しいという気持ちでしないと運動嫌いになりますよね。

 

運動嫌いが運動の必要性に気付く

中学生娘は運動が苦手で苦手で…体育の成績は良いとは言えず、私も良い成績を望まない程です。

 

そんな子なので

  • 運動してね、なんてことも言えず…
  • ガリガリで筋肉も無い
  • 体力も無い

だったのですが、トランポリンをして5分も続かなかったことで自分の危うさに気付くことができ、中学生になってからは文武両道の運動部に入ってくれました。

 

私、だいぶ安心しました。

 

運動って心身の健康にとっても大切なのですが、

  • 運動をしたほうがハッピーを感じる
  • 脳が鍛えられる
  • ストレスに強くなる

等のメリットがあるので、

 

楽しいという気持ちでトランポリンを活用してもらえてよかったな、と思います。

 

年少息子も、何年も先のことを見据えて、運動が楽しい!と思って、脳を鍛えてほしいな、と思います。

 

場所、とるでしょ

場所とるでしょ、と購入前に思っていました。

 

だからこそ、購入前は数カ月悩んだほど。

 

けれど、いざ購入してみると、使わないときは立てておけばいいだけでした。

 

片付けておけば、常に場所をとりすぎるわけではないですし、公園に行ってもトランポリンで遊べるわけではないですもんね。

 

悩んだのは何だったの?っていう感じです💦

 

 我が家では、カバーが破れて交換しました。カバーがあると、購入したことが無駄にならず、お得感があります!

 

 

いつも使わなくても、何もしないより何かして体を動かしてくれると、子どものためになる!と思っています。