スマート子育て

フリーの管理栄養士が綴る、子どもの成長を応援するブログ

NO添加物!塩こうじを使った野菜を楽しめるソース(ドレッシング)を3種

f:id:mifumim:20200707125617j:plain

塩こうじを使ったソースと、塩こうじの活用についてお伝えします! 

 

塩こうじは米麹を塩と水と一緒にして発酵させたものです。 

 

塩こうじと言えばどのような使い方を想像されますか?

 

使い方は万能で様々なアレンジが可能な塩こうじ。

私はソースやドレッシング、煮物、カルパッチョ、マリネなど様々なものに使っています。

 

 

ドレッシング3種

サラダに合うドレッシング3種を紹介します。

 

自家製の塩こうじをブレンダーなどで混ぜておくと、麹の粒が気にならず、なめらかな仕上がりになります。

 

+ごま油

f:id:mifumim:20200707130846j:plain

オイルを足すと舌ざわりが滑らかになり、食べやすくなります。

 

大人にとってオイルはカロリーの摂りすぎが気になるものですが、元気に体を動かして遊びまわる子どもたちにとって、オイルはエネルギー源の1つです。

ということからも、毎日の食事に質の良いオイルを少し足すことを意識しています。

 

オイル選びは要注意!

オイルは加熱されることで酸化してしまい、老化や炎症のもとになってしまいかねません。

ということから、オイルは加工時に加熱しないで作る、コールドプレス(低温圧搾)のものを選ばれるとよいですよ。

 

 子どもたちのエネルギー源の1つだからこそ、身体によりよいものを選びたいな、と思っちゃいますね。

 

現在使用している九鬼 太白純正胡麻油 600g は、企業HP(http://www.kuki-info.co.jp/cgi-bin/products/detail.php?id=52)に低温圧搾法で絞ったと書いてあるります。

あっさりしているので、ドレッシングにもマッチします。

 

魚不足が気になる方はオメガ3オイルがオススメ。もちろん低温圧搾のものを。

低温圧搾一番搾り 無添加無着色 えごま油 185g

 

+黒すりごまと生姜

f:id:mifumim:20200707131116j:plain

ゴマは抗酸化作用が高いので、積極的に摂りたい食品の1つです。

酸化ストレスは健康や美容の敵ですが、私たちが精神的に感じるストレスも酸化ストレスの原因の1つ。紫外線や煙草や大気汚染なども酸化ストレスの原因になります。

子どもたちは外で遊んだり通学でたっぷり日光を浴びるからこそ、しっかりと食べさせあげたいです。

 

生姜は手軽にパウダーを使用中。理由は楽だから。そして、新陳代謝を活発にしてくれる効果があるのでよく使います。

GABAN ジンジャーパウダー 60g

 

バルサミコ酢

f:id:mifumim:20200707115302j:plain

塩こうじを洋風にしても意外に合います。

酢の酸味を緩和するには甘みをプラスするとよいですよ。

酸味が気になる方は、はちみつなどの甘みを足されることがオススメです。

 

昨日のディナーの1品がこちら。

f:id:mifumim:20200707115136j:plain

右上のほうれん草に、この塩こうじドレッシングをかけて食べました。

子どもたちはグリルしたナスにも、他の野菜にも合うよ!と楽しんでいましたよ。

 

蒸した玉ねぎなんかにも合いそうです。

 

塩こうじを使うメリット

塩こうじを使う理由は美味しいからです。

ですが、それだけじゃなくて、発酵食品なので腸内環境に良いということも利点です。

人の腸内細菌に良いものはすべての人が同じではありません。

自分に合ったものを見つけていくことがたいせつです。

 

この1週間、毎日の食事に塩こうじを使用していますが、

息子のアレルギー性のかゆみが以前より起こりにくい(腸内環境はアレルギーと関係)

娘のニキビ肌が改善(腸内環境は肌に影響するので)

私の便通が良くなる

というような変化がありました。

 

ということから、私たち家族は、どうやら塩こうじが合っているようです。

 

ヨーグルトを毎日食べていても、このような変化はあまり効果を感じませんでしたが…

 

塩こうじを活用した食事

塩こうじを毎日の食事に活用するのは、とても簡単なことです。

塩や醤油などの塩味の調味料の替わりに使うだけです。

 

  • スープの味付けを塩こうじにする
  • ドレッシングに塩こうじを使う
  • 炊き込みご飯は、塩や醤油の替わりに塩こうじを入れる
  • 肉や魚は塩こうじ漬けにする
  • お刺身の醤油替わりに塩こうじの液を使う

 

というような簡単なことです。

 

とても簡単に利用できますよね。

手軽で健康によい食事で、自分だけでなく家族のクオリティーを高めていただく参考になればうれしいです!

 <