PLAY to be happy

遊びを子どもの学力アップに繋げる工夫が趣味の1つなママブログ。主に、絵本、恐竜、英語力(洋画、洋楽、絵本)学習法、+αで子どもの栄養を綴ってます。

ご褒美を上手に使って子供の勉強したいの気持ちを増やす方法

f:id:mifumim:20190513205403j:plain
先日自宅付近のお祭りがありました。

 

お祭りの出店ゲームって子供にとってはとっても魅力的ですよね。

ゲームはいっぱいやらせてあげたいんだけど、遊ぶだけじゃダメなんだよ~ということも教えたい。

 

ということで、思いついた良い方法がありました。

  • 勉強をした分(枚数)100円をあげるから、
  • やりたいゲームの数だけ勉強頑張りましょう!

ということ。

 

やりたいゲームが1回300円。

何回ゲームやりたいの?と聞くと。3回と答えました。

遊びたい年中息子には合計900円必要になったのです。

 

すると、いつもは2枚でもう終わり!という勉強を今回は9枚進んでやり遂げました。

嫌々な態度はなかったのでびっくりです。

 

科学的にも証明されているご褒美

「学力」の経済学

「学力」の経済学

 

こちらの本で学びました。

アウトプット(テストでよい点を取るなど)よりインプット(勉強をする、本を読むなど)は大切。

ご褒美を利用してインプットするのは良いことなんだとか。

 

ご褒美をでつっているわけではなく、

ご褒美を上手に使って子供のインプットを促す方法です。

 

 

 

これからも、お祭りやお出かけとかでお小遣いが欲しい時に、このご褒美方法を活用していこうと思いました。

 

遊びたいという気持ちを学習に繋げていくのはとっても賢い子どもの能力UPの秘訣だと思っています。

 

我が家の経験が参考になれば幸いです。