スマート子育て

フリーの管理栄養士が綴る、子どもの成長を応援するブログ

子どもの記憶力を高める方法と、英語のレッスンの活用術

f:id:mifumim:20200608122429j:plain
子どもの基礎学力を高めるための、記憶についてお伝えします。

 

お子さんの教育がなかなか進まない…

英語を習わせたいけど、ちゃんと覚えてくれるのか疑問…

レッスンをもっと効率的に進ませたい!

など思っていませんか?

 

年長息子がオンライン英会話教室の先生に

「smart boy!!」

と言われるようになった、学習方法を伝授します!

 

記憶する方法

記憶するためのメカニズムを知って、効率的に学習すべき。
記憶について研究している教授曰く、『記憶の手がかりをたくさん用意することが重要』とのこと。そして、思い出す回数も重要です。

 

  • 声に出す
  • 耳で聞く
  • においと覚える
  • 印象的なものを増やす
  • チャンク化(意味のあるかたまり)
  • 思い出す回数を増やす
  • 一度にたくさん覚えようとしない

 

ということを行えるとよいです。

 

Newton別冊『睡眠の教科書』や、最短の時間で最大の成果を手に入れる 超効率勉強法などの本から学んで実践しています。

 

勉強は効率的に行うべき理由

子どもの時って、遊ぶことも超大事。

そして将来いかに楽しく生きるためには、基礎学力も重要です。

 

ただの私の考えですが、基礎学力をつけるためには、幼児の時に勉強しておくというよりは、勉強する術を身に着けておけばいいんだろうな~と思っています。

 

だからこそ、基礎学力を高める要素である『記憶力』を自然と身に着けられる方法を英会話を通して学ぶようにさせています。

英会話教室を通して、どのようにしたら単語や会話を覚えられるのか、記憶するための方法を実践しているということです。

それとともに英語力も鍛えられたら最高!って感じです。

 

記憶するための方法

私が日々実践している記憶のための手がかりづくりは、普段の遊び、映画、歌などです。

例えば、ウサギは英語で Rabbit ですが、子どもが覚えられなかったとき、私はこのように伝えます。

 

ピーターラビットの映画覚えてる?ピーターラビットはうさぎだから Rabbit だよね!

 

その他にも、

  • Underwearが覚えられなかったとき、下着を履く真似をさせてUnderwearと唱える
  • Carが覚えられなかったとき、ディズニー映画カーズを思い出させる

みたいな感じで、子どもが楽しいと思えるような覚え方を伝えるようにしています。

 

座って勉強しなさい!というようなお堅い感じじゃ、勉強が嫌になっちゃいますもんね。

勉強→新しいことを知るって楽しいこと!→勉強は楽しい発見のための遊び!

みたいな感覚を持ってほしいな~と思います。

 

もし、お子さんにもっと単語を覚えてほしいな~とお悩みであれば、参考にしてみて下さい。

 

実は、この方法は私も中3娘の実践中。

私は新たに学んだことが覚えられないときに、独り言を言ってみたり、同じようなものと関連付けたり、定期的に思い出すためにスケジュール表に〇〇について自分に説明する!みたい書いています。

中3娘はこの記憶の方法を実践することで、成績のランクアップができましたよ!

 

英会話教室ハッチリンクジュニアを振り返ってみる

年長息子は現在、オンライン英会話、ハッチリンクジュニアでレッスンをしています。

英語を学ぶことに対して、抵抗がない息子。

スイミングスクールに通う時は大泣きするほど嫌がったのに、なんでだろう…と考えてみました。

  • 自宅でできる
  • ゲームを取り入れてくれるから楽しい
  • 25分で終わるから、集中力が途切れにくい

というようなことがあるな~と思います。

 

 

 

年長息子は常にじっとしていられません。だから、レッスン中にPC画面に向かって自分に変顔を作ったり、猿真似をしたり、フラダンスっぽい動きを始めたり、ビビるほど面白いことをします。

 

そのような変な動きをしても、姿勢を正しなさいとか指摘されず、ダンスしているの?と先生が一緒に踊ってくれるような寛大さを感じます。感謝だわ。

 

そして、英語でゲームをするのが楽しくて、もっとやりたい!と言っても、あと1回ね、と許してくれます。限られたレッスン時間のなかで先生も正直大変じゃなかろうかと思い、心苦しいですが…

否定されず肯定されること、それも楽しいの1つになってるんだろうな~と思います。

【ハッチリンクジュニア】無料体験実施中!

 

 

参考文献

Newton別冊『睡眠の教科書』 (ニュートン別冊)

最短の時間で最大の成果を手に入れる 超効率勉強法