PLAY to be happy

子どもたちと自分の幸せUPために、日々の学習法や育児を工夫しています。レジャー、体験をすることが好きなママのブログ。東海を中心に発信!

【絵本】恐竜好きの方へ。『ぼくんちのティラノサウルス』を読んでみた感想

f:id:mifumim:20190415094254j:plain

絵本の読み聞かせは、子どもの語彙力(ボキャブラリー)、創造力UPになります。

絵本を見ながら親子との会話を進めていくことで、親子と親子の絆が深まるというメリットもあるんですね。

 

年中息子は恐竜好きなので、恐竜に関連する絵本はよく読みます。

恐竜の絵本には、作者の様々な思いが詰められているし、

  • 恐竜と人間が遊ぶ、触れ合う
  • 恐竜の時代に行く
  • 恐竜について学ぶ
  • 恐竜たちだけのストーリー

などと、様々な内容がありますが、

今回読んだ絵本は、”恐竜を育てる”という内容でした。

ということで、絵本のご紹介です。

 

ぼくんちティラノサウルス

ぼくんちのティラノサウルス (講談社の創作絵本)

ぼくんちのティラノサウルス (講談社の創作絵本)

 

ストーリー

恐竜がだいすきな主人公、かんたろう。

恐竜が好きすぎて、恐竜図巻を何度も読んでいますが、

1000回目を読んでいると図鑑から恐竜の卵が出てきます。

図鑑を見ながらかんたろうが、恐竜を卵から育てペットにするというストーリー。

ティラノサウルスが大きくなると困るのがティラノサウルスの食欲。

主人公のかんたろうが考えた解決方法とは…?

 

読んだ感想

  • 恐竜を育てるために調べる
  • 生き物に対する愛情や責任
  • 困った時の対処法を考える

そんなことが子どもに伝わればいいな~と思いますが、なかなか伝わらないのが現実問題。

 

そこで、

かんたろうはちゃんと考えたんだね。

ティラノサウルスに餌を分けてあげて優しいね。

〇〇くんだったらどうする?

などと、言葉を添えて子どもの想像する力の助け役になれたらいいな~と思いました。

 

 

絵本を読むなら、子どもに伝わるように効果的に活用したいですよね。

そして、親子の絆を深めてより良い時間を過ごすための参考にしていただければ幸いです!