スマート子育て

家族の幸せを追求するフリーで働く管理栄養士ママブログ。生活リズム、栄養、教育、趣味を活かす方法を綴ります。

【絵本】家族の絆を深めるには絵本で会話を!ガラゴシリーズがお勧めな理由

f:id:mifumim:20200121222028j:plain

久しぶりに、ガラゴの絵本を読みました。

 

うちにかえったガラゴ

 

このシリーズ、大好きなので、全部持っているのですが、

 

年中息子の要望で、『うちにかえったガラゴ』を読み聞かせていると、息子のおしゃべりが止まらない!!

 

ということで、絵本の読み聞かせ方法をお伝えします。

 

 

絵本を読んでいるときに大切なこと

絵本は、親子の絆を深めてくれたり、アイディアや新たな可能性を広げるためにとっても役立ちます。

 

親子の絆を深めるためには、会話が大切です。

 

子どもが思ったことをしゃべって、それについて親子で会話する。

それが、大切です。

 

会話が出まくる、シリーズ絵本!!

絵本についてしゃべりまくる!をやり始めたときは正直、息子は全然しゃべりませんでした。

絵本は静かに読むものだと、保育園では言われているし。

私もそう思っていました。

 

だけど、家庭では自由でいい!

 

  • ずっと、これについてどう思う?
  • これ、なんだろうね?
  • これ、どこかで出てきたよね?

と、子どもが話すための促しをしていたら、いつの間にかしゃべりまくる…

 

今となっては、

まだしゃべるの???

と、ビックリするくらいしゃべり続けます。

 

ガラゴシリーズは2冊あります

  1. かばんうりのガラゴ
  2. うちにかえったガラゴ

 

アイディアがいっぱい詰まっている!

ガラゴシリーズは、イラスト中ほぼすべてにアイディアが詰まりまくっています。

 

だから、どのページも楽しくて、つながりを探すのが面白くって、

ページが進んでも、またも前のページに戻って…というように、絵本を楽しみまくる年中息子。

 

  • ガラゴ、動物園にいたよね!また、動物園行こうね!
  • ガラゴの靴の裏の足跡の色はきっとあの色だと思うよ!
  • (ほかのページを見て)やっぱり靴の色合ってた!(前のページに戻る)

 

というように、

 

しゃべりまくり、

ひらめきまくり、

アイディアを浮かばせまり、

 

止まらない、年中息子の脳内(笑) 

聞いている私が楽しくなっちゃって、一緒に大笑いしながら絵本を読みました。

 

 

絵本から日常へ、遊ぶアイディアが生まれる

アイディア①

ガラゴの泡のお風呂を見て、オレも入ってみたい!というので、今度は泡ぶろを家でやってみることになりました。

 

アイディア②

焼きリンゴ、美味しそう~。ということで、今度一緒に作って食べることになりました。

お料理は科学なので、科学の勉強です!

 

 

頭が固くなっている私には、思い浮かばないことが多いのですが、

好奇心旺盛な子どもたちは、

 

あれやりたい!

これもやりたい!

これすごい!

 

と、いろいろなことを思いつきます。

 

子どもってすごいな~。

いつも刺激をもらってます。

 

 

 

絵本で親子の絆を深めつつ、

アイディア、ひらめきを出す練習、いかがでしょうか。

 

これからの時代、アイディアを出すことはとっても大切ですもんね。

 

 

バムとケロ、ガラゴシリーズお勧めです♡

かばんうりのガラゴ小型絵本ボックス

かばんうりのガラゴ小型絵本ボックス

  • 作者:島田 ゆか
  • 出版社/メーカー: 文溪堂
  • 発売日: 2017/10/30
  • メディア: 単行本
 
バムとケロの小型えほんボックス

バムとケロの小型えほんボックス

  • 作者:島田 ゆか
  • 出版社/メーカー: 文溪堂
  • 発売日: 2011/11/01
  • メディア: 単行本
 

 

私はよく絵本ナビを活用しているのですが、

  • 試し読みができたり
  • 絵本グッズが探せたり
  • 月齢別に絵本が紹介されていて

すっごく頼もしいサイトです。

 

日々の絵本の読み聞かせの参考にどうぞ。