PLAY to be happy

遊びを子どもの学力アップに繋げる工夫が趣味の1つなママブログ。主に、絵本、恐竜、英語力、学習法、通信教育、食事、たまにレジャーを綴ってます。

【絵本】動物好きにおすすめ。動物からふしぎを紐解き、好奇心を育もう!

f:id:mifumim:20200220091838j:plain

ここ最近、ずっと読み続けている絵本を紹介します。

 

私は欲張りなので、 絵本を読むからには、

  • 子どもの学びに繋げていきたい!
  • 得るものは大きくしたい!

といつも思っています。

 

今回読んだ本は、読むだけじゃなくて同じようなことをして考える!好奇心を持つ!ということにぴったりな絵本でした。

 

 

 

パンダの手には、かくされたひみつがあった

パンダの手には、かくされたひみつがあった! (動物ふしぎ発見)

パンダの手にはひみつがあって、人間や猿たちのような手の構造じゃないのに、

  • なぜ竹をつかんでたべられるの?
  • どうやってそれがわかったの?
  • すぐに解ったわけじゃないんだよ!

ということを教えてくれる絵本です。

 

奥深い絵本でした。

私自身読んでよかったし、年中息子も読むことで、 絵本のイラストの真似をしてボールを持ち、

  • ボール持てる!
  • あ、これじゃ持てない!

と、手の動きを真似して違いを体験していました。

 

 

以前のように、面白い、かっこいい、というような物語絵本を読むことが減り、ドキュメンタリーや、動物の実際のお話を好むようになりました。

 

好きなことを追いかけていると、こんな風に子供も成長していくんだな~と思うと面白くってたまりません😊

 

動物学者というお仕事

そして、動物学者という仕事をしている人がいるということも勉強になります。

 

この絵本では、どのようにパンダの手の構造を知ることができたかということがわかりやすく説明されています。

 

職場体験なんてできなさそうな、このお仕事。

 

動物だけでなく、動物学者の人ってこんなふうに仕事しているんだね~ということも学びに繋がります。

 

  • パンダを解剖したり
  • 動物の不思議を解明するために疑問を持ち続けたり
  • 動物を大切にしたり

 

こんな仕事をする人もいるんだね~と伝えると

「すっげ~~~!」

と言っていました。

 

絵本、読むだけじゃもったいないです!

 

動物ふしぎ発見シリーズ 

動物ふしぎ発見(全5巻)

動物ふしぎ発見(全5巻)

 

毎日2~3冊、それを年間ほぼ毎日のように絵本を読むけれど、 まだまだ知らない本はたくさんあります。

 

最近は、息子の興味のある絵本が変わってきたので、新たな発見が大きすぎる!

 

他のシリーズも読破していこうと思います。