PLAY to be happy

遊びを子どもの学力アップに繋げる工夫が趣味の1つなママブログ。主に、絵本、恐竜、英語力、学習法、通信教育、食事、たまにレジャーを綴ってます。

【おもちゃ】頭を使う、クレイジーで面白いラジコンを使ってみた!

f:id:mifumim:20190207105549j:plain

子どもって、親にとても色々なことを学ばせてくれます!

 

食事、遊び、マナー、どんなこともいつも思うようにいくことはなく、大変な日々ですが、子どもにとって、素敵な母親でいられるよう努力しています。

 

変わっているね、と言われることは多いのですが、自覚はしています。

 

こうするといいよ、こうするんだよ

と教えるのではなく、

  • どうしたらいいと思う?
  • ここ、こうやってみたら、どうなるかな?

というように、子どもが自分で考え、自分の気持ちを話せるように心がけています。

 

もちろん、いつもそんなふうに穏やかにできているわけではありませんが、努力はしています。

 

昨年末に、私の弟から年少息子がたまたまもらったプレゼントがラジコン。

 

以前、公園に遊びに行った際、年上の男の子が遊んでいたラジコンに興味を示していたのでいつか買ってみようと思っていたところ、ナイスなタイミングでした。

 

こんなの操れるの?

楽しいの?

 

と、だいぶ不思議に思いましたが、やってみないと興味を示すのかも分からないし、楽しさを息子が感じることも無いですもんね。

 

だけど、やり方を教えることはしない私。

 

とりあえず、

リモコンを操作したら動くんだよ

ということだけ教えてみた結果、

 

 

年少息子は

ココを動かしたらタイヤがこう動くんだな

という感覚を掴めたようでびっくりしました。

我が子だけでなく、きっと子どもならどんな子もできるんじゃないかと思います。

子どもの力は偉大だな、と思ってしまいました。

 

そんなことが起こったのも、もらったラジコンが普通のラジコンではなかったから。

 

弟に感謝せねば!

(そうだぞ、感謝しろよ!という弟の声が聞こえてきそう…)

 

こんなラジコンです

私が不思議だと感じた通り、

商品名はクレイジーサイクロンでした。

ネーミングも面白い。笑

左右のタイヤがを回転させながら、

壁などにぶつかっても、

タイヤの前後、

本体の上下が入れ替わっても動き続ける、

不思議なラジコン。

 

普通じゃないので、予想外の動きをしてしまう。

 

そして、考えてリモコン操作をしないと、思うように動いてくれないけど、

  • 操作次第でまっすぐ進む
  • ぐるぐる円を描いて動く

など、操作次第で楽しみ方倍増!

 

私もやってみましたが、すぐお手上げ。

 

年少息子は最初、壁にドンッ、自分の足にドンッ、私にドンッ、と言う感じで悪戦苦闘していました。

 

ですが、慣れてくるとすこしずつ操れるようになって、タイヤをぐるぐる動かしたり、円を描いてラジコンを動かしたりできるようになってびっくり。

子どもって吸収が早いな~と思っちゃいました。

 

不思議な動きをするタイヤが面白かったみたいで、しばらく笑って遊んでいました。

 

タイヤがぐるぐる動くと、見てみて~と言い、楽しそうでした。

いつもとは違う、新しい体験から色々学んでいるんだろうな~。

 

子どもには、様々な遊びを体験し、それを通して自然に学んでいってほしいなって思います。

 

 

 

 

もしよろしければ、クレイジーなラジコンを利用してみてはいかがでしょうか。