スマート子育て

フリーの管理栄養士が綴る、子どもの成長を応援するブログ

中3娘からもらったB.D.プレゼントを、我が子の成長に応用しよう

f:id:mifumim:20200602140144j:plain
先日、娘からもらったバースデープレゼントは、ブックマーク。

 

読書好きな私をよく理解してくれていることが、何よりうれしいな~と感じました。

そして、数日飾ってあったのですが、使わなきゃ意味ないな…ということで使ってみました。

 

使ってみたら、ブックマークが優れているというよりも、このブックマークを使うことで以外に勉強に対するモチベーションが上がってびっくり。

 

どんなものも、子どもの成長につなげたい!という、欲張りな私なりの解釈を含めて記したいと思います。

 

 

ブックマーク、Sprout

f:id:mifumim:20200602132923j:plain

もらったのは、このブックマーク Sprout/スプラウト【グリーン】 2240GR

 

母親へのプレゼントは買う必要はない!お小遣いは好きなものに使って、子どもたちが好きなことをして、楽しんで生活していることが私への最大のプレゼントだよ~!と、真剣に言い切っているので、誕生日プレゼントが届くことは全く想定していなかったので、びっくりでした。

 

モチベーションの変化

f:id:mifumim:20200602133116j:plain

こんな感じになりました。

本の内容が難しかったり、読むことにつかれていたとしても、子どもが陰で応援しているような気分になるので、もっと勉強しよう!という気持ちになれる!

 

娘に意図はないと思うけど、スプラウトは芽生えてこれから成長していく!みたいなイメージが私にあるので、ブックマークとして優れてる感があります。

 

閉じた状態は、こんな感じ。

f:id:mifumim:20200602133356j:plain

少しずつ読み進めている食事摂取基準は分厚くて……

リタイアしそうになるたびに、スプラウトに励まされそうです。

 

一度に1冊を読み切れず、色々な本を同時進行して読むことが好きなので、ブックマークはいくつか持っています。

が、いつも、メモ用紙とか、レシートとか、そこら辺にあるものを代用しています(笑)

手元にあるものが手軽で楽だから、というズボラさの表れ…💦

 

子どもの勉強や趣味に役立つ可能性 

それを見た時に、どのような感情を抱いて、モチベーションを上げていくかが大切だと思います。

 

どんなものも、子どもの成長につなげたい!という欲張りな私は、ただ好きなものを使うことは、ちょっと違うな…と思います。

どのようにやる気を高め、モチベーションを維持させていくかも重要です。

ただ、子どもには自動的にそれが備わっていることは少ないと思うので、士気を高めていくのは、親の役目なんじゃないかと感じます。

勉強は効率よく短時間で済ませ、好きな時間で自分を高めてほしいな~と思うのは、親心ですよね。

 

今回、私は、スプラウトのブックマークを見て、成長することを連想したわけです。

例えば、「ママ、頑張ってね!」と書いてある手紙を見たら、忙しくても家事も仕事も頑張ろう!という気持ちが高まるみたいな。

そのように成長を連想させていくような文房具を使うっていいことかもしれないなと思ったんです。

 

今回スプラウトをもらったのですが、調べてみたら、クローバーやコスモスもあって、びっくり。世の中、様々なものがあって驚きです。

 

クローバーの場合

BOOKMARK CLOVER ブックマーク クローバー

BOOKMARK CLOVER ブックマーク クローバー

  • メディア: オフィス用品
 

四つ葉のクローバーって、見つけることが超大変。

だから、『見つけることが大変。努力しなければ、幸せをつかむことすらできない。だけど、努力をしたら幸せをつかむきっかけになる!』というメッセージを込めて、これを見るたびに、頑張ろうという気持ちを思い出してね!みたいな感じで、受験対策などに使うのもアリかもと思いました。

 

コスモスの場合

 

BOOKMARK COSMOS ブックマーク コスモス

BOOKMARK COSMOS ブックマーク コスモス

  • メディア: オフィス用品
 

花のように枯れないように、努力しましょう!

あなたの学生生活は花が咲き誇っているように、短いもの、努力は今だけ!

とか、いいかもしれない。

 

パートナーや、お子さんの励みになるものを探しているのであれば、そんな風に使うこともアリだと思います。

 

私は、そのように使うことができました。

モノは使いようだな~!と改めて思った出来事でした。